犬が吠えども、キャラバンは進む。

Biar anjing menggonggong, kafilah tetap berlalu./インドネシアでひとを研究しているある院生の備忘録。

レバラン/イドゥル・フィトゥリ

『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』から考える「見栄」の人間らしさについて

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』は、アメリカのSF作家フィリップ・K・ディックの作品の一つ、非常に有名なSF小説です。1968年に初版原作(英語)が出版され、その一年後1969年には日本語訳が出版されています。原題や邦訳題のパロディなどが多く見られ…

Selamat Idur Fitri 断食明け大祭だよ!レバラン!

こんにちは!先週末(6月25日)は楽しみにしていた断食明け大祭でした! 断食明け大祭は、断食月が終了した翌日に行われます。今年のインドネシアでは、6月25日(日)~26日(月)が イドゥル・フィトリ(1438年断食明け)*1として祝日に指定されています。…